前へ
次へ

不要になった切手を買い取ってもらった

趣味で記念切手や、かなり古い時代の切手などを集めていました。10年ぐらいこつこつと古い切手を中心として集めてきましたが、ある日突然、コレクター魂が無くなってしまいました。急に集めることが嫌になったのではなく、それ以外にお金のかかる趣味を見つけてしまったわけです。急に興味が無くなったので、この集めた切手はどうしようかと考えていましたが、他の趣味にもお金がかかるので、不要な切手類は全て買取り専門店に依頼して、買い取ってもらうことにしました。シートのものからバラのものまで多数持っていましたので、これら全てを査定してもらいました。最近の切手に関してはシートが多くて、これらはすぐに査定額が提示されました。時間がかかったのは古い切手です。とても細かくチェックされて、査定額が提示されました。結果的には自分が予想していた金額と同等額を手にすることができました。わかったことは、売るならシートで売った方が高く売れるということです。

Page Top